51FcG4fRDQL__SL160_
著者:吉越浩一郎
出版社:三笠書房
2011年9月発行

12月に入ってから全社員研修があったり、年度内に片付けないといけない業務が増えたりと結構バタバタしていたが、この三連休でやっとブログが書ける・・・ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

今回投稿するのは全社員研修で社長からご紹介頂いたビジネス書。
やはり内容的にもありきたりのビジネス書だが、今まで読んだ中では参考になった箇所も比較的多く、社長一押しということもあるのでここで紹介させて頂く。
著者の吉越氏はトリンプ・インターナショナル・ジャパンの代表取締役社長に就任し19期連続増収増益を成し遂げた人物なだけあって説得力があり、彼の考え方は倣いたいところである。

本著の最初の方にこんな風に書かれてあった。
「そもそも、20代後半から30代半ばまでにヘッドハンターから一度も声が掛からないなら、その人はビジネスマンとしての実力、社会人としての魅力に欠けていると自覚したほうがいいかもしれません。」
マジか・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
自分はまさにその年代にいるのだが、ヘッドハンターから声掛けされそうな気配など全くない。
確かに実力がないのは自覚している(いや、だからこそまずは英語を習得しようと頑張っている!)が、まさか社会人としての魅力まで否定されとは・・・。
しかしこんな事を言っては、世の中のビジネスマンの殆どに実力と魅力がないということになってしまわないだろうか?
これは必至ではないだろうが、筆者から読者への叱咤と思って肝に銘じておかなければならない!

また筆者は先手を打つことの大切さを以下の図を用いて説明してくれている。
図2

出来ない社員は締切が目前の緊急度の高い仕事(①や②)を片付けるのに時間に追われてしまい、重要ではあるが時間的に余裕のある仕事(③)を後回しにした結果、締め切りが近付いてしまい結局会社にとって大きな利益が期待できる仕事にも関わらず、疎かな取り組みしか出来ないと述べている。
また緊急度も重要度も低い④のような仕事でも、放っておけば①になることもあるので、本来なら抜かりがあってはならない。
では出来る社員とはどのようにしているのか?
①や②のような仕事はいわばデイリーワークの中に沢山あって、自分のなかで“デッドライン”を設けて短期集中して取り組んでいるとのことである。
丁寧に時間を掛けて仕上げた仕事も、「これはもうこれで終わり!」と思って潔くフィニッシュした仕事も、最終的には大した違いはないとのことだ。だから出来る社員はデッドラインを設けてから取りかかり、早めに切り上げては緊急度の低い仕事にも先手を打つことが出来るのだそうだ。

これについては自分にもかなり思い当たるところがある。
上司から「慌てなくてもいいから、間違いのないようにやるのが大事。」と言われていたので、あまり時間を気にせずに仕事をしていた節があった・・・。考えてみればこの上司の言葉に甘えていた!
自分のやっている業務は緊急度は低くとも、重要度の高い仕事が殆どなのだから、ちんたらやっていたらやがて①のような仕事にとって代わってしまう。
ちいさな仕事であっても常にデッドラインというものを意識しなくてはならないだろう。

本著で印象に残ったフレーズの中にこのようなものがあった。
「日本企業でリーダーとなる人の中には、『私利私欲』を隠しながらもずっと持ち続けているような人が多く、残念ながらそういった人が上へ行くような会社は間違いなくまずい方向へ進んでいくのです。」
こんな真っ当な文章があるにも関わらず何故社長は全社員にこの本を読むよう勧めてしまったのか・・・ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
社長の取り巻き連中を思い出さずにはいられない。

他ブロガー様書評
他ブロガー様書評2

人気ブログランキングへ