Follow the reader

せっかく面白い本を読んだのなら文章にしてアウトプットしよう!と思い作ったブログ。 興味の赴くままに乱読しているので、統一性のない勝手気ままな書評となっていることを陳謝。

古典文学から科学専門書まで幅広く読んだ本の中でこれは!!と思ったものを紹介していきます。
本と関係のないことも載せていきますが、それらも含めて楽しんで頂ければ幸せ至極です。
冷やかし歓迎!

利己的な遺伝子

51Q6M8KRGQL__SL500_AA300_
今では生物学や遺伝学では当たり前に言われるようになった利己的遺伝子論を一般的に広めた歴史的名著!
著者のリチャード・ドーキンスは過激な無神論者としても知られる。

まず生物とは何を目的に日々生きているのか?
ごく簡単に言ってしまうと、自らの遺伝子を遺伝子プールにより多く残すために生きている!
細胞ひいては身体は、遺伝子が操る乗り物でしかない。

生物は自分の遺伝子をより多く残すために利己的に振舞っている。
一見利他的に見える振舞いでも、遺伝子の観点から考えると全て利己的な行動となる。
例えばミツバチを例にとると、働きバチは女王蜂が生んだ卵をせっせと世話をする。
自分の子ではない、すなわち兄弟姉妹を世話しているため、一見家族の為に利他的に振舞っているように見える。
ところが働き蜂とは全てメスなのだが(オスは交尾の後、すぐに死んでしまうため遺伝子の水平伝搬の役割しか担わない)、メスは有性生殖の結果生まれて、オスは無性生殖で生まれる。即ちオスは半倍数体。
詳しい計算は省くが、その結果姉妹同士は父由来の遺伝子は全て共通の為、3/4量の遺伝子を共有する。
それに引きかえ、メスは有性生殖で娘を生むにしろ、無性生殖で息子を生むにしろ、実子との遺伝的繋がりは1/2になってしまう。
ということは自身と同じ遺伝子をより多く後世に残すには、子を増やすより姉妹を増やした方が効率がいいのである!さらに言うと女王蜂が働き蜂に世話させているのではない、働き蜂が女王蜂に生ませているのだ!

またライオンのような子育てに無頓着なオスの振舞いにも説明がつく!
メスが遺伝的繋がりのある子を育てるのは理解に難しくないだろう。
オスから見るとツガイの間で生まれた子とはいえ、実の子という確証を持てない。もしかしたら他のオスとの間に生まれた子かもしれないから。
メスからみると旦那は誰であれ、腹を痛めて生んだ子なら確証を持って育てられるが、オスは下手をすると赤の他人に余計な労力を使いかねない。
だからオスはメスほどには絶対に育児に熱心になれないのである!

その他、「ミーム」という概念が本書で初めて登場した!
生物がここまで進化すると、生物を介して自己複製するのは遺伝子だけではない。
言葉や文字を介して、脳から脳へ情報も拡散する。これがミームである。

続きを読む

企業参謀 -戦略的思考とはなにか-

51AZ9VWDQKL__SL500_AA300_
著者:大前研一
出版社:プレジデント社
1999年11月9日発行

これは新装版で読んだが、もともとは1975年に出版された長く読み継がれてきた名著。ビジネス雑誌でこの存在を知り、企業勤めとして読まなくてはと思い立って購入した本。

戦略的思考とはまず物事の本質を考えることから始める。
問題に取り組む際にも、どうしたら良いかと漫然と投げかけるのではなく、解決策思考的に設問する。例えば「残業を減らすにはどうしたら良いか?」だけではなく、「当社は仕事量に対して十分な人が居るか?」や「当社は仕事の量と質に対して人間の能力がマッチしているか?」と設問すると、YesかNoかの答えしかなくなるので分析しやすくなり、掘り下げれば問題の本質に到達しやすくなる!このように解決策思考的に設問すれば、途中経過はどうであれ自ずと一つの解にたどり着く。
では設問を解決思考型にするにはどうしたらよいか?
ここからが難しく面白いところでもあるのだが、起こっている事象から問題点を取りこぼしなく書き出しグルーピングして抽象的に掘り下げる。仮説を立てたら分析により立証/反証を繰り返して実行計画を具象化していくのである。

また企業戦略の話では、戦略的改善の方向軸をまず三つ(著者曰く、最低三つ決めるとのこと)立てる。さらにそれらの軸の各々に、いくつかの分野がある筈である。あとはそれらの分野を、競争相手の戦略を想定しつつ、一つずつ攻めていくのである。

ここではざっと纏めただけなので分かり辛いだろうが、もちろん本書では例を交えて書かれているので是非読んで頂きたい。会社の経営方針とはここまで深く考えなくてはならないのか!!と驚かれること請け合いである。レッドゾーンへ

世界の変化を知らない日本人 ―アメリカは日本をどう見ているのか―

51T3VKmsduL__SL500_AA300_
著者:日高義樹
出版社:徳間書店
2011年5月31日発行


日高義樹の新著ということで購入した本。読み易く、日本を取り巻く世界情勢が手っ取り早く分かるので良い買い物をしたと思っている。
この本を読んでみると自分が思っている以上に民主党は外交音痴とのことである。
中国と話し合う時も極端な性善説(←著者はこの様な言葉は使っていないが)に立ち、話せば分かると思い、中国に無条件の核放棄を訴えた。
超大国アメリカに守られている日本が言うのだから、嘲笑されるのも頷ける。

オバマ大統領が日本嫌いということもあって、日米関係は冷え込み、アメリカは中国寄りになってきたかに見えたが実際はそうではない。
3月11日の大地震の直後、アメリカ海軍は仙台沖だけではなく長崎県沖、つまり尖閣列島付近にまでいち早く展開している!しかも第七艦隊の主力「ジョージ・ワシントン」を率いて!
これは震災という混乱に乗じて中国が火事場泥棒を働くのを警戒してのことだ。
この事実からもアメリカにとって日本は大切なパートナーであるということが分かる。

北朝鮮の存在も去ることながら、今の極東アジアの情勢の中で、民主党政権の「アメリカの核の傘はいらない」という発言は外交音痴も甚だしい!
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • それをお金で買いますか
  • 35歳までに読むキャリアの教科書
  • 35歳までに読むキャリアの教科書
  • さあ、才能‐じぶん‐に目覚めよう
  • 仕事ができる社員、できな社員
  • 仕事ができる社員、できな社員
タグクラウド
  • ライブドアブログ