Follow the reader

せっかく面白い本を読んだのなら文章にしてアウトプットしよう!と思い作ったブログ。 興味の赴くままに乱読しているので、統一性のない勝手気ままな書評となっていることを陳謝。

古典文学から科学専門書まで幅広く読んだ本の中でこれは!!と思ったものを紹介していきます。
本と関係のないことも載せていきますが、それらも含めて楽しんで頂ければ幸せ至極です。
冷やかし歓迎!

20台の勉強力で人生の伸びしろは決まる

41EZ4SNhwNL__SL160_

著者:千田琢哉
出版社:日本実業者出版
2011年5月20日発行

30代までもう少しとなった自分にとっては、まさに読まなくては思わせてくれるタイトルだったので、即座に購入した本。確かに勉強させて貰ったところもあったが、自分の読むスピードでも買ったその日に読み終わってしまうボリュームなので内容は結構薄い。

本書では今の20代が今後伸びるために覚えておくべきこと、実践しておくべきことを8つのコンテンツに分けて説明してくれている。
8つのコンテンツは、
1、パラダイムシフト
2、本から学ぶ
3、人から学ぶ
4、仕事から学ぶ
5、組織から学ぶ
6、時間から学ぶ
7、お金から学ぶ
8、学び方を学ぶ
   である。

読んでみて感じたこと、もしくは勉強させて貰ったことを挙げてみる。
1、パラダイムシフトから
目に見えない知恵に対していくらお金を出せるのかが、その人の今後の成長の指標であると書かれている。
確かに良いことを言ってくれる!
薄給にもかかわらず古本や図書館で我慢しないで、こんなにも新品の本を買ってばかりいる自分にとってはこの先人の言葉は大きな励みになる。
ただこの内容で1,260円もの値段を付けている本書を正当化しているようにも感じる・・・。

2、本から学ぶから
褒めるだけの書評ブログを書いてみるとあった。
短所ではなく長所を見つけ出す、すなわちハズレをいかに当たりに変換していくかがその人の知性であるとのことである。
確かに他人の長所にすぐに気付く人というのは知性や魅力を感じるが、この様なブログを書いている自分にはそれは無さそうだ。

3、人から学ぶから
本書のなかで一番印象に残ったのが、この章にあった!
頻繁に口にする言葉はその人のコンプレックスとあった。
自分は時々会社の先輩から「○○君はなんにも分かってないな~」と言われることがある。
自分は分からないことを、その先輩なら何でも知っている!と思うのは早計ということだ。

6、時間から学ぶから
知恵(情報)にも旬がある。すぐに買うとある。
本ばっかり読んでないで、新聞も読まなくては・・・。

7、お金から学ぶから
お金と時間のルーズさの根っこは同じとある。
遅刻魔は他人の時間を盗んでいるのだから、詐欺師にも等しいと強く非難している。
この様に厳しく書かれると、改めて規律の大切さが身にしみる。


他にもいろいろと気付かせて貰ったことは沢山ある。
この本は是非学生に読んでもらったら良いかもしれない。

心を上手に透視する方法

978-4-7631-3154-6

著者:トルステン・ハーフェーナー
出版社:サンマーク出版
2011年8月30日出版

ドイツで人気のマインドリーダーが書いて、本国ではベストセラーになったという本。

読んでみると途中から(3章の終りあたりから)趣きが変わってしまい、マインドリーディングの本というより啓蒙書や啓発本という感じになっていしまっている。
読心術に長けている人なら良く知っているかもしれないが、人の心は自然と瞳孔の開き、目の動き、足の向きやあごの動きに現れてしまう。もちろん当てはまらない人も居るだろうが、大体の人はその動作は一貫して同じらしい。
心が動作として現れたサインを見た側も、無意識の内にサインを発した人の心情を感じとっている。
例えば、魅力を感じる人を見ると、もしくは興味がある話をされると瞳孔が開き、目も大きく見開いてしまう。
そのような目で見られた側は「自分に興味を持ってくれている」と感じ、その人に魅力を感じるようになってしまうらしい。

たしかに自分も合コンでそんな目で反応してくれたら、ついつい調子に乗って喋り続けてしまう・・・。

また他にも自分に思い当たるサインだったのが、「会話の途中で腕組みをすると、それは拒絶のサイン」というものである。
これは良く聞く話ではあるが、自分も込み入った話をすると思わず腕組みをしてしまい、気付いては意識して腕を解くというようなことを会社でやってしまっている。恥ずかしながら、実際に先輩に注意されたこともある・・・。
だがこれは話し相手に対してだけの拒絶ではないとのことだ!
「私はこの人の話に興味がある。この人の話に集中したいから、他の人は私に話しかけないでくれ」
といった第三者に対する拒絶のサインにもなり得るから、決して悪い癖ではない。

ただこの様なサインを意識して発することが出来るように訓練すれば、話し相手の興味を引き付けたり、好感を持たせたり、延いては自分の思うように話題を進められるとのことである。
そうすればコミュニケーションが楽しくなり、人生がより豊かになる!というのが本著の趣旨である。

後半部分は自己啓発な内容であったが、こちらもなかなか勉強させてもらった。
嫌な思い出や悔しかった思い出は誰にでもあるが、強烈な自己暗示で書き換えてしまえば、過去の出来事からダメージを受けることが少なくなり、むしろ力づけられるようになる!
筆者の失敗談なども交えて紹介してくれているので、親近感がわき、自分も頑張ればもっともっと可能性が開けるのではと思わせてくれる本である。

レッドゾーン〈上・下〉

5141OddtD8L__SL500_AA300_51SiuMkqcSL__SL500_AA300_


著者:真山仁
出版社:講談社
2011年6月15日発行

真山仁氏のハゲタカシリーズ3作目。1作目、2作目がかなり面白かったので、当然の如く読んでみたら、今までとは比較にならないスケールの大きさに圧倒!
映画「ハゲタカ」の原作でもある。

中国の買収王ホー・イーファが、日本が誇る世界的自動車メーカー・アカマ自動車の株を買い漁る。
その頃、親友アランを亡くした傷がまだ癒えない主人公・鷲津に中国の国家ファンド幹部・ワン・リエが接触する。
ワン・リエは鷲津に中国国家ファンド(CIC)の最高責任者への就任を持ちかけるが、鷲津は興味を示さない。

やがてホー・イーファがアカマ自動車への敵対的買収に乗り出し世間を騒がせるのと同時に、CICもメディアを通じて鷲津に揺さぶりを掛ける!
ホー・イーファとCICの繋がりも見え始め、日本の自動車産業を中国に渡すまいとアカマ自動車にホワイトナイトを名乗り出た鷲津の前に、なんとかつての恩師とも言える人物が立ち塞がる。

鷲津が日本、中国、ニューヨークを股にかけ奮闘する先には、ホー・イーファの生い立ちの秘密とアランの死の真相が待ち受けているが、そのスピード感たるやスリリングで圧巻である!


映画「ハゲタカ」に比べると、登場人物の思惑がかなり複雑に入り乱れるがそこが面白い!
映画では鷲津とホー・イーファ(映画ではリュウ・イーファという名前になっている)の対決という構図で描かれていたが、本書でのホー・イーファは利用された揚句、自暴自棄気味になってしまい後半では殆ど存在感が無くなってしまう…。
本書では登場人物それぞれが時に主役級のの存在感を放つ時があり、そこに引き込まれる。

自分は小さな化粧品メーカーに勤めているのだが、株式非公開の為このような企業買収に巻き込まれる心配はないのだろうが、会社を守るためにここまで熱くなれるのかと正直羨ましくなってしまう。
真山仁氏の小説は、仕事に対する姿勢や価値観さえも考えなおさせてくれる作品ばかりである。

人気ブログランキングへ 

他ブロガー様書評(ハゲタカ) 他ブロガー様書評(マグマ)
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • それをお金で買いますか
  • 35歳までに読むキャリアの教科書
  • 35歳までに読むキャリアの教科書
  • さあ、才能‐じぶん‐に目覚めよう
  • 仕事ができる社員、できな社員
  • 仕事ができる社員、できな社員
タグクラウド
  • ライブドアブログ